【C言語】main関数とは?main関数について使い方や処理などを簡単解説

こんにちは、さくにゃあです。
今回は「main関数」について簡単解説していきたいと思います。

main関数について

main関数の使い方と詳細

#include <stdio.h>

int main(void){
  printf("Heloo!");
  return 0;
}

最初にこちらがサンプルコードになります。
このコードをパッと見て、どういった処理をしているものかと理解出来るのならば、あなたはmain関数を理解していると思って問題ないでしょう。
わからないと思った方はこれ以降の記事を御覧ください。

main関数とは、C言語で最も簡単なプログラムであり、プログラムの処理を行う最も重要なプログラムです。

int main(void){
}

main関数は「int main(void){」から始まり、「}」で終わるコードのことを指します。
その為、main関数というのは基本的にプログラムを記述する為に、前段階の準備として改めて記述するものであり、main関数そのものには意味をもってはいません。

使い方も前述したとおり、前準備として上記のサンプルコードの通りに記述を行い、枠組みの中にある処理を行います。使い方の例としては最初に紹介したコードを元に解説していきます。

サンプルコードには{}の中に

printf("Heloo!");
return 0;

という記述があります。
こちらは、次回以降の記事で改めて紹介しますが、簡単に解説すると

「printf(“Heloo!”);」Heloo!という文字が出来るようにする処理
「return 0;」main関数の処理を終了するという処理が行われています。

というわけで、main関数を記述して枠組みを作り、上記の処理を枠内に記述することによって、サンプルコードを実行すると、実行結果として「Heloo!」と表示されるようになります。
※include <stdio.h>については次回以降の記事で紹介させていただきます。